多言語と多文化のグラーツ


Sie sehen diese Seite über das multikulturelle und -sprachliche Graz auf Japanisch.


多言語と多文化のグラーツ

 

ムーア川の川岸にあるグラーツの歴史は5000年前に遡ります。町の中心にあるシュロスベルグの麓から銅器時代の工芸品が見つかり、紀元前3000年にグラーツで初めての移民が入植した事が発見されました。

現在、グラーツはシュタイヤマールク州の州都であり、オーストリアで2番目の都市として、オーストリアの南東に位置し、重要な経済を担い、南東ヨーロッパの経済圏へのゲートにもなっています。そのゲートを越えると、5000万人の市場が開きます。グラーツの従業員は良い教育を受けていると知られています。 従業員の約25%が大学を卒業しています。グラーツは世界ランキングにはいる経済力のある企業が建てられ、犯罪の少ない非常に安全な都市です。人口は25万人、多様な教育の機会があ、すぐれた医療を提供し、緻密なソーシャルネットワークがあります。

 

多言語なルーツ

 

グラーツの町の名前はスロベニア語の「gradec(グラーデッツ)」を語根とし、小さな城と言う意味です。6世紀から8世紀までの時代にグラーツ地方はスラブ系の移民が入植してきました。8世紀以降はスラブ系がバイエルン系とフランコ系に同化され、又キリスト教に改宗されました。

1128年には初めてグラーツという名前が文書に言及されました。1379年から1619年までグラーツはハプスブルク家の居城でした。その後グラーツはイタリア建築家に影響を与えられ、ルネサンスの要塞も建てられました。グラーツは一度も征服されたことがなく、ナポレオン戦争でグラーツ市民は時計台と鐘楼を買い、要塞は1809年に破壊されましたが、時計塔と鐘楼はその後も破壊されず、グラーツのシンボルとして、シュロッスベルグから街を見守っています。

 

多文化な伝統

 

グラーツはヨーロッパの文化が交わる場所の一つです。ロマンス文化又はスラブ文化、マジャール文化、ゲルマン文化に影響を与えられ、ユニークなキャラクターに発展しました。ゴシック、ルネサンス、バロック、歴史主義, アールヌーボーの代表的な建物が並び、モダンな建築と隣り合わせに建ち、美しい対照が出来ました。1999年にユニークな旧市街は国際的に認められ、UNESCO世界文化遺産に登録されました。現在はグラーツはプラットフォームとして、国際会議、文化交流又は宗教の交流などのイベントが開催されています。2001年にはグラーツはヨーロッパで一番目の人権都市になり、2003年にはヨーロッパ文化中心都市として選ばれました。

 

 

言葉の多様性

 

グラーツでは言葉の多様性に力を入れています。ヨーロッパ評議会「European Centre for Modern Languages」はグラーツに事務所が置き、メンバー国の多言語使用を広め、具体的に実現にする事が目的です。グラーツの町中では100以上の言語を聞く事が出来、学校では本格的には15言語を勉強をする事が出来ます。さらに17言語は移民の母語を守るために義務教育では各々の母語で授業を受ける事ができます。

グラーツのカール・フランツェンス 国立大学では12言語を翻訳学部,アメリカ学部と英語学部、ロマンス学部、スラブ学部で学べます。「treffpunkt sprachen」はカール・フランツェンス 国立大学の言語センターとして、多様性をもち、専門の教授法で多言語の普及に努めています。言語は二つある教育大学の一つの重要な教科であり、GIBS学園(バイリンガルの学校)では色々な言語の教授法、学習方法又はコミュニケーションの方法が主な目的です。オーストリア言語および能力センター (ÖSZ)の目的は言語の教授法そして学習方法をいかに発展させていくかということです。

 

Übersetzung: Alexander Shinpei Miyayoshi Fellner